美活菌活健康&手作りアンチエイジング

簡単手作りイチゴジャムの作り方

水分が全くないまま煮始めると焦げやすいです。

そのために、砂糖をまぶしてイチゴの水分を出します。水を加えずにイチゴからの水分で煮ていきます。

イチゴジャムはマーマレードなどと違って火も通りやすいので、長時間煮ず、イチゴに火が通ったら、潰して少しとろみがついたくらいでオッケーです。

(材料)

・イチゴ

・砂糖(イチゴの半分の量)

・レモン(イチゴ約300gに対して大さじ1)

(※イチゴ1パックが約300gです)

(作り方)

1.イチゴを洗って、ヘタをとる。

2.量った重さの半分の量の砂糖とイチゴをボールに入れて軽く混ぜ、1~2時間置いてイチゴの水分を出す。

3.イチゴと砂糖のボールの中身を水分ごと火にかける。
 イチゴから出た水分で煮るので、水分を加えなくても煮ることが出来る。

4.ある程度火が入り、イチゴがやわらかくなっらた、火にかけながら木ベラでつぶす。

5.<ポイント>ここで、浮いてきたアクを丁寧にとる。アクが残っていると、出来上がりにエグミが生じます。

6.レモンを加えて、火からおろす。

7.熱いうちに容器にうつす。冷めると、とろみが増す。

⭐︎

ジャムにするには小粒なイチゴのほうがおすすめです。

アクはなるべくきちんと取り除くのがよいです。出来上がりの味を左右します。

イチゴは1パックがだいたい300gくらいです。

ジャムは何時間もコトコト煮るイメージがあるかもしれませんが、イチゴジャムは煮すぎると色が悪くなります。
ゆるめのテクスチャーでも冷めるとトローリしてくるので大丈夫!

婚活会員さんたちとカウンセリング中に手作りイチゴジャムの話題で盛り上がったので、作り方の参考にアップしてみました(^_^)

春が旬の美味しいイチゴ♪手作りジャムにもぜひ、トライしてみましょう!

自家製イチゴジャムは無添加でとっても美味しいですよ。冷凍保存も可能です。

意外と簡単に出来上がりますよ(^^)♪

 

 

 


ファスティングのお話とダイエット

ファスティングの専門家とヘルシーなサラダを食べながら

サラダ

ファスティング は断食なのだけれども、体調が良くなるという。

普段、みんな食べ過ぎなのかもね(^^;)

スタイルが昔からほとんど変わらないという彼女は、体型が変わらないから、昔の服もずっときれて便利よ♪と言う。

確かに(=_=;)私は去年、10kg太って、一番困ったのは洋服でした。

そして最近、耳にする「ヴィーガン」絶対菜食主義 の話を聞いて

日本でも2.7%、アメリカでは6%以上がそうなのだとか

え!そんなにいるの?と、私はびっくり!

ミカママと

美人な彼女。なんと私と同世代!

美容と健康は1日にしてならずですね。

 

私は先月、-4.5kgのダイエットをし、少し体が軽くなりました。

しかし、皆さんご存知の通り、ミカママのライフワーク?(笑)横浜中華街ランチを堪能しながら無理なく-4.5kg。

外食時以外は、なるべく炭水化物を控えてます。

外食などで食べ過ぎたな、と感じたら、その後は少し食べるのを控えたり調整してます。

毎日、毎回、毎食食べ過ぎて、痩せるわけがない!

でも、体重が減ったと同時に、お肌の調子も良いし、体も軽くなって疲れにくくなりました。

やはり、食事、健康、美容、体調は繋がっていますね。

 

婚活中の皆さん、魅力アップや健康、美容のためにも食事には気を使いましょうね。

 





食べるだけじゃない!おからパウダーで美肌スキンケア

おからパウダー

会員さんと「おからパウダー」の話題になり、今、流行っているみたいですね。

只今、ダイエット中の私も使っています。

しかし、おからパウダーは開封後は湿気などに弱く、傷みに強いものではないです。

おからって、原料は豆腐系ですからね(^^;)

「湿気たおからパウダーは捨てたほうがいいのかな?」という会員さんに

 

ちょっと待ったー!(@◇@)捨てちゃダメー!

もったいない!

 

あまったおからパウダーを有効活用!

おからには大豆の成分がたくさん含まれています

なので、あまったおからパウダー、多すぎるおからパウダー、おからパウダーの消費にはぜひ、美容に使いましょう!

おからでスキンケアできちゃいます!

簡単おからパウダー洗顔

普段の洗顔フォームや石鹸、クレンジを使うときに、おからパウダー(小さじ半分ほど)を加え

手の中でおからパウダーに水分を含ませるようによく混ぜ洗顔するだけ。

(私は洗顔泡立て器を使って、シャカシャカ泡を作ったら、おからパウダーを投入して再度シャカシャカ混ぜます。)

おから洗顔

おからパウダー入りの泡でお顔をやさしく洗顔マッサージします。

優しいピーリング効果、スクラブ効果で、お肌がツルツルになります。

【ポイント】

水分の含みが不十分なおからパウダーを顔にのせると、ザラザラ感が強いので

水分を十分に含ませてからお顔にのせ、洗顔しましょう。

小鼻などの気になる部分は念入りに。でも、ゴシゴシしすぎないでくださいね。

 

おからは市販のスクラブより柔らかくて優しい使い心地

おからパウダー洗顔

水分をしっかり含んだおからパウダーは、お肌に優しい使い心地。

普通のスクラブは肌をいためそうで苦手な人もこれなら大丈夫かも。

小鼻の黒ずみ除去にもおすすめです。

でも、ポロポロと落ちるので、バスルームや洗面台での使用をお勧めします。

排水溝の詰まりが気になる方は、ネットなどを排水口にかぶせておくのもよいです。

私は、キッチンで洗い流してそのままザーッて流しちゃってます(^^;)

 

 

ポロポロするのが嫌な人には

細かい部分へのピーリング効果は薄れますが

ガーゼにおからパウダーを入れて、てるてる坊主のように輪ゴムで縛り(水分を含むと膨らむので少し緩めに)

水分をよく含ませて洗顔時に使うと、ゴミ捨てが簡単です。

一度、水を含んだおからパウダーは傷みが早いので、再利用せずにポイしてくださいね。

 

おから洗顔でもちもち極上美肌

 

おからパウダー手作りスキンケアの使用感

この、おから洗顔をすると、お肌のしっとり感、もちもち感が得られました。

スクラブなのに、お肌がしっとりもちもちになるって素敵!

ピーリング効果で小鼻のザラつきもツルツルになります。

大豆イソフラボンの効果で美白も期待できます。

ただ、大豆アレルギーの方は、ご使用を避けたほうがよいかもしれません。

この手作りスキンケアは、おからパウダーでなくとも、普通のしっとりしたおからも利用できます。

こんにゃくパウダーでの洗顔もお肌ツルツルになりますが、もちもち感と美白効果はこちらの方が大きいかも。

(こんにゃくのグルコマンナンには皮脂や古い角質を吸着する働きがあるので、それはそれでおすすめです。)

また、粉とうふを使っても同じ効果が得られます。

(粉とうふは高野豆腐を粉にしたものです。)

ちなみに、洗顔後のもっちり感高いのは、粉とうふ>おからパウダー>こんにゃく粉 の順でした。

 

ん?おからパウダーと粉とうふの違いは?

簡単に言うと、

おからパウダー:食物繊維が多い=ダイエットに向いている

粉とうふ:ミネラルが豊富=美肌に効果的

という感じです。

 

もしも、ダイエットや健康のためにおからパウダーを買ったならば、ぜひ、このおからパウダースキンケアを試して見てください。

 

洗顔後は、手作り米ぬか化粧水もおすすめです♪