がんにスマイル

さくらももこさんと乳がんの

さくらももこさんが乳がん死去されたとのニュースを見てビックリしました。

まだ、53歳。

はやいです…。

あのギザギザ前髪のおかっぱ、ちびまるこちゃんの漫画やテーマソング、先生のエッセイ、あの独特な世界観が好きでした。

ぎざぎざ前髪

わたしも同じ乳がん手術を昨年したばかりなので、乳がんで命を落とされてしまったことにもとても大きな切なさを感じました。

 

もっと世の中の女性に乳がん、子宮がんの検査を気にして欲しい

婚活でたくさんの女性とお話をしている中で、30代以降の女性は、乳がんや子宮がんをきちんと気にして定期健診を受けている人もいれば、気にはなっているけど定期健診を受けるまでもないと思っている人、「私は多分大丈夫です。」と、全く気にしていない人。

気にしたことはあるものの、30代後半になっても、検査をしたことのない人がほとんどです。

私はがんがあることが発覚したときには、がんが大きすぎて、全摘出以外の選択肢はありませんでした。

女性のほとんどは、乳房に傷をつくることは大きなショックにもなります。

検診により、初期段階での発見であれば、今の手術器具はすごくすぐれているので、わきの下あたりからごく小さな切開で済み、傷が目立たないことも多いのです。

しかし、発見が遅れたり、手術をためらってしまうことは、がんの成長につながり、結果、手術痕も大きくなってしまうわけです。

 

がんは必ず死にいたるものではない

がんは一昔前と違い、今は、早期発見、早期治療により、死にいたるケースは少なくなってきています。

現に、去年、乳がんで8.5cmのがんを摘出した私は、今、普通に元気に日々、仕事や趣味、食事を満喫しています。

 

婚活もそうですが、がんも「ためらい」「自分はまだ大丈夫」をなくすことです。

「忙しいから検診しない」

「自分は病気はあまりしないので大丈夫」

と、検査を先延ばしにしてしまう。

または、ごく小さなしこりがあったが、手術が嫌でそのままにしている。

私はこれでした。

良性のしこりと安心していたものが、ある時猛スピードで大きくなっていったのです。

私はがん発見時はもうすでに頻繁な痛みも生じていたので、がん宣告されたときは「あぁ、やっぱり」という気持ちもありました。

最初、抗がん剤などで温存治療ができるものと思っていました。軽い考えでした。

温存治療が出来る物と安易に考えていた私は、先生に「もう、そういう段階ではありません」とすぐきっぱりと言われ「え!?」と思いました。

温存どころか、命の心配をしなければならない段階だったからです。

 

がんになったときは、闘病にずっと苦しむのだろうか?という不安も頭をよぎりましたが、

14時間という大手術でしたが、手術すぐの入院中は病院からパソコンで仕事を行い、婚活会員さんは病院へカウンセリングがてらのお見舞いにやってきてくれていました。(サポートをしなければいけないのは私のほうなのに、会員さんたちからたくさん励まされて、とても元気が出ました。本当に感謝です。)手術から3週間目の退院数日後にはオフィスへ出勤出来ました。抗がん剤、麻痺のリハビリ治療を経て、手術の数ヵ月後には大好きな登山も楽しむことも出来るようになりました。

私の復帰は早いと言われていましたが、もしも、早期発見であれば、治療はもっと軽く済んだはずなのです。

 

今回、さくらももこさんは乳がんで命を落とされましたが、

早期発見、早期治療で助かる命もたくさんあるのです。

まだ、乳がん、子宮がんの検査をしたことのない30代女性には、ぜひ、はやめの検査をおすすめいたします。


「デブは病気に見られない」を実感する

最近、急激に体重増加しましたミカママであります。

会う方々に「すっごく元気そう!」と声をかけていただくのは、体重増加後の今日この頃。

恐らく、体重が減っていたら「元気そう」とは言われていない気がする…。

脂肪による人の見た目印象はすごいものだなぁと、実感しました。

 

実際のところ、体重が重くなるのはよくありませんね。

脂肪って24時間体にくっついていて重いですね…。

頑張って痩せます!ダイエットに気合です!

手術も抗がん剤も終わり、只今、まだお薬は処方されておりますが、日々、バリバリ元気に楽しくすごしております。


簡単レモン酢の作り方

先日、梅を酢に漬けて熟成中の私。

ふと、本屋に立ち寄ると、なにやら「レモン酢」なるフレーズが目に飛び込んできました。

レモン酢で期待される効果

  • 便秘解消
  • ダイエット
  • 美肌、美白
  • アンチエイジング
  • 尿酸値の改善
  • 動脈硬化予防
  • 風邪・インフルエンザ予防
  • 二日酔い予防
  • リラックス効果
  • 疲労回復効果

なんと!健康にとても良い感じです!

そして、なんといっても、レモンの皮には抗がん作用があるといわれています。

皮ごと酢に漬け込むため、レモンの皮の成分も酢に溶け込むに違いない。

でも、お砂糖を沢山使うレシピがほとんどでしたが、私は家で白砂糖は常用していないので砂糖レシピは却下。

なので、砂糖を全く入れずにレモン酢を仕込みました。

レモン酢(砂糖なし)の作り方

(材料)

・レモン

・レモンが隠れる程度の酢

たったコレだけです。

(作り方)

まず、レモンを塩でゴシゴシ洗います。

うちは、無農薬レモンを使っています。

洗ったレモンの水気を拭き、3~4mm程の厚さに切ります。

この時、種は取り除きます。

種は焼酎や日本酒に漬けると、自家製美白化粧水が出来上がります。(種+日本酒。冷蔵庫で3週間。ゲル状になったらお肌に使えます。私は焼酎だとお肌に合わないので、日本酒で作っています。)

熱湯で洗い、水気を拭いた可愛いWECKのStraight 1,550mlに今回はレモン5個分を投入。

容器と分量的にちょうどよい感じでした。

ここへ、上部ひたひたになるように酢を注ぎいれます。

今回、私は、砂糖はいれないものの、少し甘味とマイルドさが欲しいと思ったので、酢の半量をりんご酢にしてみました。

WECKの容器を使うと、なんだかオシャレ。そして、鮮やかなレモンイエローが素敵♪

ついこの間まで塩レモンが流行っていたと思えば、今はレモン酢。

漬け込みブームなのかな?

1ヶ月くらいで漬かるらしいので、このまま放置。

楽しみです~(^_^)♪