がんにスマイル

小林麻央さんの訃報と海老蔵さん会見の夫婦愛

今日もがん再発予防のために元気にスロージューサーで生人参ジュース。

そんな本日、乳がんで闘病中だった小林麻央さんの訃報を知り驚きました。

同じく乳がん手術を数ヶ月前に行った私として、心から回復をしてもらいたかったと思っていたのでとてもショックです。

女性の中でもかかるがんで一番多い乳がん。

去年の乳がん人数は約9万人だそうです。ものすごい数ですよね。

私も乳がん経過をブログに記載している中で、たまに、お会いする方や会員さんたちから

「ミカママのブログを見て、私も乳がん検査に行きました。」と言ったお話を聞くと、誰かの役に立ってくれてよかったと感じます。

 

そして、テレビで海老蔵さんの会見を目にしました。

涙をこらえきれずにいる海老蔵さんの姿、愛する人を数時間前に亡くしたばかりなのに、と思うと心がとても切なくなりました。

最後の言葉「愛してる」と麻央さんが言われて息を引き取ったそうです。

お互いに愛し愛されのご夫婦、とても絆の深い素敵なご夫婦だったと思います。

もっともっと素敵で幸せなご夫婦でいてもらいたかったです(;_;)

 

私もうちの人がいなかったら、ここまで元気になっていなかったと思うのです。

日々、思います。

海老蔵さんの会見を見て、夫婦愛に涙(;_;)でした。

 

麻央さんの御冥福を心よりお祈りいたします。


簡単手作り 梅の酢漬け&梅醤油

梅雨のこの季節の毎年の我が家のお仕事

梅仕事

香りの良いまあるい梅の実が出回っているこの季節。

我が家では色々な梅漬けビンを作成します。

梅干は塩分、梅シロップや梅酒は甘味。美味しいけれども塩分と糖分は毎日の摂取には気になるところ。

塩分と糖分を気にしない梅漬けはズバリ!梅の酢漬けです!

しっかりと梅のエキスが染み渡った酢のエキスはとってもまろやかで、ソーダやハチミツを入れて飲んでもよし、散らし寿司や酢の物やタレ等の料理によし、実はピクルスや薬味としてもよし。使える幅が広くて便利です。

作り方は青梅を酢に漬けるだけなのでとっても簡単。

年に一回作る1年分なので、ウチでは5Lビンで作りました。材料は、作るビンのサイズや梅の重さにあわせて計算してください。

余った梅は梅醤油にするのがお勧めです。(梅醤油の作り方は下へ掲載してあります。)

 

超簡単青梅の酢漬け

【材料】(5Lビン用)

・青梅 2.5kg

・酢 2L

・日本酒 100~200cc

【作り方】

1.ビンや調理具は熱湯oアルコール消毒をしておく。

2.青梅をたっぷりの水でアク抜きする。2~4時間。途中で水を入れ替える。青梅は優しく傷付けないように扱う。梅は青く新鮮なものが好ましい。あとで、種を取り、料理にも使用したいので、2Lサイズ以上の粒の大きいものがお勧め。

3.爪楊枝で果肉を傷つけないようにしながらヘタを一つひとつとる。

4.ザルにあけて水気を切る。ちなみに、ウチで使用しているのは、100円ショップのプラスチックメッシュかご。これは、梅干しやシソゆかり作成にも活躍してくれる。

5.残っている水分をキッチンペーパーで丁寧に拭く。水分が多く残っていると、カビの原因になる。この時点でやわらか過ぎるものや、傷が多過ぎるものは残念だけど省く。多少の傷はオッケー。

6.殺菌したビンに梅をそっと入れていく。日本酒と酢を注ぎ、3ヶ月ほど待つ。途中、たまにカビ防止のためにゆさゆさする。

お酢の5~10%程の量の日本酒を入れると、出来上がりがお酢だけよりも少々マイルドになるので、ウチのオリジナルで日本酒少々入れています。(料理酒でないもの)

この品のメインは青梅エキスたっぷりにまろやかな酢を作ることです。

3ヶ月頃から梅のお酢として使えますが、半年以上経過したあたりから、まろやかさがアップします。

梅の豊富なクエン酸が疲労回復や美肌に効果的。

そして、現在、がん治療中の私としては、青梅エキスががん細胞に効果的ということで、今年は大量梅仕事。

更に、梅干のような手間もないし、梅酒や梅シロップよりもカビの心配が少ない。砂糖や塩の溶け具合を気にしなくて良い。と、本当に簡単すぎる梅仕事ですが、便利な梅品です。

使用するお酢。穀物酢と純米酢とでは、穀物酢の方が酸っぱさがマイルドに仕上がります。ウチは、純米酢を多く使っているので日本酒を少し投入してマイルドにしています。

黒酢で作ったバージョンもあります。そちらは、梅黒酢は黒酢自体がマイルドでコクがあるので、お酒入れずにお酢だけでつけています。
自家製梅黒酢も料理やドリンクに幅広く使えます。

 

普通、梅酢といえば、梅干の時に出来る水のこと。多くの塩分を含んだ副産物でかなりしょっぱい!でもコチラは、このままソーダやお酒、ハチミツと合わせてゴクゴク飲めます。普通のお酢のように使えます。梅酒よりも多用途です。

酢の物や酢飯、鶏手羽のさっぱり煮、浅漬け、マリネ等。特に、シーフードに使用すると、梅のさわやかさが、臭みを消してくれます。

中の梅の実は3ヶ月~1年以内に取り出してください。色が悪くなります。

取り出した梅の実はとっても酸っぱいです。細かく刻んでゴマと一緒にご飯に混ぜれば、お稲荷さんの簡単酢飯になります。

刻んできゅうりやキャベツなどの野菜にあえれば酢の物等、色々使えます。

ただ、この梅の実をボリボリ食べるにはかなり勇気がいります。酸っぱいです。

梅の実をそのままメインで食べることを中心に考えている方は、甘酢や簡単酢、寿司酢で漬ける事をお勧めします。

 

この梅をただ酢につけるだけの梅仕事は、カビの心配はほぼなく、失敗はまずないと思います。
梅仕事初挑戦の人でも手軽に簡単に安心して出来ると思います。

 

超簡単手作り梅醤油

そして、今回、実は購入した青梅は3kg。

残りの500gの梅は醤油漬けにしました。

こちらも手順は梅の酢漬けと同様。お酢を醤油に替えるだけ。容器はおなじみのWECKです。

 

【梅醤油の作り方】

1.上記の梅の酢漬けの5までの手順で梅の下ごしらえ。

2.容器に梅の実を入れたら醤油を注ぐ。梅が隠れるくらい。(うすくち醤油でも可)

3.1ヶ月ほどから使えます。

 

この梅醤油で冷奴やかまぼこ、白身のお刺身、照り焼き、湯葉刺し、さしみこんにゃく、納豆、餃子、長芋、大根おろし等が美味しくなります。また、この梅醤油でササッとお野菜やお肉を炒めるだけで、お酒の小鉢になります。

私の一番好きな梅醤油の使い方は、冷奴と練り物。豆腐、ちくわやはんぺん、かまぼこと。相性が抜群です。

そして、梅の酢漬け同様、梅醤油も取り出した梅の実を食べられます。

結構、しょっぱいので、塩抜きをしてもかまいません。細かく刻んで、ご飯に混ぜたり、冷奴にかけたりと色々使えます。

 

 

現在、ウチのキッチンは先週のカリカリ小梅に続き、爽やかな梅の香りでいっぱいです。

 

 

梅は疲労回復にもダイエットにも効果的なのよ!

 

 

私、最近、治療薬のせいで体重増加。会員さんたちにも「太りました??」って言われる(涙)
(実際、かなりの増加)

病気や治療を言い訳にして、体重増加してたらダメだわ私、

きっと、痩せない一番の原因は 言い訳ね

忙しいや病気を言い訳にデブになって楽しいわけがない!

ダイエット頑張るわ!!


ちょっと贅沢!真珠の自家製カリカリ小梅の作り方

この季節、毎年、私は自家製漬物に忙しいです。
特に、ラッキョウや梅です。

今年は大きい南高梅ではなく、小粒青梅で自家製カリカリ小梅漬けを作りました。

まず、新鮮な小梅を手に入れること。

小梅はなるべく青く新鮮なものでないと上手くカリカリ梅にならないのです。

なので、購入した時に既に黄色く熟した小梅だったら、カリカリにするのは諦めましょう。

本当は収穫したその日に加工するのがベストなのですけどね、なかなかそういうわけにもいきませんよね。

ウチは、今年、予約注文して届いたものをその日に製作に取り掛かりました。

【自家製カリカリ小梅の作り方】

(材料)

・小梅 1kg

・塩 100g

・ホワイトリカー 50cc

・卵の殻 3個分(内側の薄皮を取って、オーブン200度で10分焼いて冷ましてガーゼにくるみタコ糸で縛り、砕いておく。2つに分ける)

 

(作り方)

1.小梅を洗ってたっぷりの水にさらし1時間。途中、1回、水を替える。アク抜き。

2.よく水を切り、爪楊枝でヘタを取る。果肉を傷つけないようにする。水の残りがないようにキッチンペーパーで拭きながら作業すると良い。

3.熱湯消毒orアルコール消毒した大き目の容器に小梅とホワイトリカーと塩を入れ、塩を絡めながら小梅にチカラをかける。こうして、しっかり梅の繊維を壊すことでカリカリになります。
4.ガーゼにくるんだ卵の殻を中間に入れる。

5.赤くしたい場合は、塩でアク抜きした赤シソを入れる。

6.1週間ほどで食べられるようになります。その後は、冷蔵庫保存がお勧め。

 

コチラは、赤シソ入りで、2kg。2日目の様子。梅酢がかなり上がってきたのがわかります。
梅酢よりも上がってくる梅があったら、重石をしましょう。

写真は明るいところで撮りたかったので、青空背景ですが、保存は冷暗所がよいです。

赤シソ入りの場合は、赤シソで覆う。

もしも、途中でふにゃふにゃ梅を発見したら、取り出して天日干しして、梅干にしたほうがよいです。
液体の中でどんどんふにゃふにゃが進んで、ドロドロになってしまいます。

小梅は天日干しがとっても簡単。

大きなザルか100円ショップのカゴに入れて2~3日ほど天日に干せばOKです。

(今回、30粒ほど、柔らか梅が出来てしまったので、それは天日干しにしました。)

 

でも、なぜ、カリカリになるかというと、卵の殻の成分。

要するに、カルシウムが入っていると、梅がカリカリになるからです。

実は、今回、ウチでは、卵の殻の変わりに、普段フェイスパウダーとして使用している

真珠パウダー

が、食べても安心なグレードなので、その真珠粉を使ってカリカリ小梅を作ってみました。

真珠入りカリカリ小梅だなんて、美肌っぽいでしょ♪

結果、上手く美味しい真珠エキス入りのカリカリ小梅が出来上がりました。

 

そして、何と言っても、梅エキスは体にいい!ガンに効く食べ物!

添加物や保存料無しの自家製梅漬けが作れるのも今の時期だけ。

今、店頭に並んでいて気になる!という会員さんがいらっしゃったので、アップしてみました。

自家製カリカリ小梅、美味しいですよ♪

 

ちなみに、

甘いカリカリ小梅にしたい場合は

・小梅  1kg

・塩 50g

・ホワイトリカー 1/3カップ

・砂糖 1カップ

・酢 180cc

・赤シソ (灰汁抜きしたもの150~200g)