ミカママブログ

簡単手作りイチゴジャムの作り方

水分が全くないまま煮始めると焦げやすいです。

そのために、砂糖をまぶしてイチゴの水分を出します。水を加えずにイチゴからの水分で煮ていきます。

イチゴジャムはマーマレードなどと違って火も通りやすいので、長時間煮ず、イチゴに火が通ったら、潰して少しとろみがついたくらいでオッケーです。

(材料)

・イチゴ

・砂糖(イチゴの半分の量)

・レモン(イチゴ約300gに対して大さじ1)

(※イチゴ1パックが約300gです)

(作り方)

1.イチゴを洗って、ヘタをとる。

2.量った重さの半分の量の砂糖とイチゴをボールに入れて軽く混ぜ、1~2時間置いてイチゴの水分を出す。

3.イチゴと砂糖のボールの中身を水分ごと火にかける。
 イチゴから出た水分で煮るので、水分を加えなくても煮ることが出来る。

4.ある程度火が入り、イチゴがやわらかくなっらた、火にかけながら木ベラでつぶす。

5.<ポイント>ここで、浮いてきたアクを丁寧にとる。アクが残っていると、出来上がりにエグミが生じます。

6.レモンを加えて、火からおろす。

7.熱いうちに容器にうつす。冷めると、とろみが増す。

⭐︎

ジャムにするには小粒なイチゴのほうがおすすめです。

アクはなるべくきちんと取り除くのがよいです。出来上がりの味を左右します。

イチゴは1パックがだいたい300gくらいです。

ジャムは何時間もコトコト煮るイメージがあるかもしれませんが、イチゴジャムは煮すぎると色が悪くなります。
ゆるめのテクスチャーでも冷めるとトローリしてくるので大丈夫!

婚活会員さんたちとカウンセリング中に手作りイチゴジャムの話題で盛り上がったので、作り方の参考にアップしてみました(^_^)

春が旬の美味しいイチゴ♪手作りジャムにもぜひ、トライしてみましょう!

自家製イチゴジャムは無添加でとっても美味しいですよ。冷凍保存も可能です。

意外と簡単に出来上がりますよ(^^)♪

 

 

 


新元号で結婚を目指す!


こんにちは、ミカママです。

昨日、新元号「令和」が発表されて、昨日と今日のカウンセリングの中でも新元号の話題に(^^)

婚活さんたちの心境はというと

元号変わって、

昭和生まれってもう、ヤバくないですか?(^^;)

というあせりの気持ち…。

うん、わかるよ、平成生まれが新世代ってことで、昭和はもう古い世代って思われてると感じていたのに、その次の世代が新たに誕生しちゃったのですからね(^^;)あせるよね。

私はバリバリの昭和生まれ。
なんだか、昭和がとてつもなく古い歴史、遠いはるか昔のことのような気が(笑)

しかし、たかが年号が変わっただけ!

うん、そうだそうだ!(婚活さん納得)

コレを機に、年内、令和元年結婚を目指すのが吉!

だって、10年、20年、30年後に

「あれ?今年で結婚何年目だっけ?」と思ったときに

元年結婚なら、

「今、令和30年だから、結婚30年目よ。」なんて、わかりやすい!!

うん、とってもいいと思う(^_^)

今、婚活中の皆さん、そして、これから婚活をはじめようとしている方、婚活をちょっと休憩してしまっていた方、令和元年結婚をブランセルでかなえちゃいましょう!!!

全力で応援いたします!(^_^)


独身生活と結婚生活どっちが幸せ?

記事詳細は→コチラ

今月はセミナーもあるよ(^_^)お気軽にご参加お待ちしてます♪

2019年3月27日(水) 【ブランセル特別婚活セミナー】婚活女子即戦力!男性心理をつかむ会話術