花粉症に梅肉が効いているので、それならば!

先日、花粉症に梅酒の梅が効いていると書きましたが

うん、私にはとっても効いています。

ならば!と思い、梅肉エキスの粒をネットで購入してみました。

DSC_0414

なんだか、正露丸みたいな感じです。

色も真っ黒だし。。。

 

裏の成分を見てみると、梅肉エキス(紀州産)、米粉と記載されている。

 

米粉???

 

噛んでみると、ちょっと柔らかいです。

硬いと思っていたので(正露丸のように)不思議な感じ。

しかし、味が私好みに酸っぱくていい感じ。

1日の適量が5粒とあるのですが、ポリポリもぐもぐ食べ過ぎてしまいそうです(^^;)

 

この梅肉エキス粒の花粉症抑制効果に期待!


狸スープって何?

ランチメニューのスープに

狸スープって書いてあったのでちょっとびっくりしたら

DSC_0512

揚げ玉入り(天かす)入りスープのことでした(^^;)

 

狸肉スープかと思ってびっくりしました(汗)

 

そっかぁ、たぬきうどんの「たぬき」ね。

漢字で書いてあるとちょっと違う風。


今年もチューリップが綺麗に咲いてます。横浜スタジアム

IMG_20160406_103435

只今、横浜スタジアム横の横浜公園は

チューリップ畑です(^_^)

 

毎年ここでは綺麗にたくさんのチューリップが春を歌っています♪

いろんな色のいろんな形のチューリップが勢ぞろいです。

サラふわ毛の美的ワンちゃんもチューリップにベストマッチ!

IMG_20160406_103614

横浜市役所ホームページに

横浜公園チューリップ通信2016というのがありました↓

http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/special/tulip/

 

そういえば小さい頃、鶏肉のチューリップといえば

運動会やお誕生日会の主役的存在だったような想い出が。。。

最近は、ナゲットや手羽ブームだからか、スーパーの鶏肉棚にもめったに見ない。

でも、鶏肉のチューリップって、元々は鶏手羽なのよね(^^;)

久々におうちで作ってみるか(^^)チューリップチキンを!


鉄分補給に簡単手作りレバーペースト

ミネラル、鉄分不足。

気にされている女性の方も多いと思いますが

あまり気にされていない方、めまいや貧血の原因がもしかすると

鉄分不足が関係しているかもしれません。

 

鉄分を多く含む肉や魚をあまり食べない現代女性は、その60%が隠れ貧血に陥っていると言われています。

鉄分は心の安定に関わるホルモンを合成するための必須成分なので、

睡眠不足やストレス過多の状態が続くと多くの鉄分がホルモン合成のために使われてしまいます。

そして、コラーゲン合成に必要な栄養素にも重要です。
タンパク質とビタミンC、そして鉄分がコラーゲン生成に必要なのです。

アンチエイジングにも鉄分は大きく関係しているのです。

 

でも、毎日、レバニラ食べるのもレバーを調理するのも大変ですよね。

私は、定期的にレバーペーストを作って小分けにし、冷凍しておいています。

食べたい時に小出しに解凍して、朝、パンに塗って食べています。

 

作り方は以外と簡単です。

DSC_0510

 

<材料>

・レバー300g

(適当な大きさに切り、血の塊がある場合は指で丁寧に取り除いてから

牛乳に一晩つけて臭みを抜いておく。)

DSC_0486

・セロリ1/2本

・人参1/2本

・玉ねぎ1/2個

・ワイン100cc

・ニンニク1かけ

・ローリエ3枚

・塩胡椒 適量

・はちみつ 少量

・生クリーム200ml

(脂肪分35%以上のもの)

 

 

<作り方>

1)野菜はフードプロセッサーでガーッと細かくし、

牛乳から取り出したレバーとワイン、ローリエをフライパンで水気がなくなるまで炒めます。

この時にセロリの葉を一緒に入れておくと臭み取りと風味付けになります。

DSC_0511

2)水気がなくなったら、ローリエとセロリの葉を抜き、

ブレンダーかフードプロセッサーでペースト状にし、冷ましておきます。

3)別のボウルに生クリームを固めに泡立て(私はブレンダーでガーッとしてます)、

熱のとれた2を加え塩胡椒で味を整えて完成です。

 

小さな容器に小分けにし、上部をラップしてから蓋をすると匂い移りや冷凍焼けを抑えられます。

liverpaste

冷凍しておいたレバーペーストは夜に冷蔵庫へ移すと

次の朝、ゆっくり解凍されているのでそのままパンへ塗って美味しく食べれます。

ちなみに、これもいつものWECKの容器。

レバーペーストの時はこの樹脂の蓋が良いです。

 

自家製レバーペーストの良いところは、お好きな野菜や味に調節できるところが魅力です。

私はいつも野菜多めです。

レバー濃いめのほうが好きな方は野菜を少なめに。

また、ワインをりんごワインやシェリー酒に変えても美味しいです。

私のおすすめプラス材料は、アンチョビやワインビネガー、塩麹などです。

はちみつの代わりにマーマレードも風味が増して美味しいです。

アンテョビ入りのレバーペーストは塗ってトーストするととても美味しいです。

その時の気分によって、ハーブやプラス材料を変えています。

また、生クリームをの量を減らしてバターにすると、固めのペーストになりますがパンには塗りづらいです。

 

ちなみに私はブラウンのフードプロセッサーとブレンダーを愛用しているのですが

ハイパワーでとにかくペースト状のものを作るときには

ガーーーーッ

って終わるので、とにかく重宝しています。

 


塩麹ならぬ醤油麹。手作り菌活レシピ

ご家庭で塩麹を手作りされている方も多いかと思うのですが

醤油麹もあるととっても便利です。

DSC_0478

作り方はいたって簡単。

ガラスの容器へ麹を入れて、それが隠れるくらいに醤油を注ぎます。

DSC_0485

あとは数日常温で1日1回、綺麗なスプーンで混ぜて空気を入れる。

最初の2〜3日は麹が水分を吸ったら、醤油を足す。

冬場は10日〜2週間くらい。夏場は1週間〜10日間程。

(仕込みのこの間は密封はしないように、蓋は軽く)

麹の粒が柔らかくなったら出来上がり。その後はきちんと蓋をして冷蔵庫で半年くらい持ちます。

私は半分をブレンダーでペーストにして使いやすくしてます。(粒がなくなるくらいに)

少しドロッとした甘みのある麹醤油ができあがります。

煮物や炒め物等、普通の醤油のように使用できます。

半分は粒感のある醤油麹のままで、納豆やTKGにかけて食べてます。

コクがあって、普通の醤油よりも断然美味しいです。

焼きおにぎりや鳥の唐揚げの下味にも最適です。

麹の菌も豊富で砂糖の量も減るのでとてもヘルシーですよ。

菌活な調味料でおすすめです。

 

今回も使用しているのはWECKの容器。

オレンジのこれはゴムパッキンでクリップでとめると密封できます。

イチゴのマークもお気に入り。

WECKのガラスの蓋が密封しすぎずで塩麹や醤油麹の仕込みに向いています。

プラスチック容器は手作り調味料の長期保存には向いていない気がするので

やはり、ガラス容器がいいですね。