食べ方のマナーは将来の子供への影響を連想させる

食事時の相手の食べ方が気になる人は多いです。(男女共)

・音を出しながら食べる
・エックス箸
・噛み箸
・迷い箸
・なめ箸
・肘つき
・かかえ食い
・猫背
・ガツガツかきこみ食い
・いただきます、ご馳走様がない
・箸で人を指す
・茶碗を持たずに食べる
・ゲップ
・食事中のケイタイ
・すすり食べ
・犬食い
・調味料のかけすぎ
・小皿への盛り過ぎ
・ありえない組み合わせや調味料で食べる
・ほとんど噛まない
・骨付きの魚が上手く食べられない
・好き嫌いが多い

とくに、くちゃくちゃと音を出しながら食べる。話しながら食べる。噛む時に口が開いていて中が見える。等は食事時に嫌がられる行為の上位。

そして、箸のもち方や姿勢からは、将来産まれてくる子供への悪影響を連想されがちなので、食事のマナーの悪さから、嫌われてしまうケースも少なくありません。

上記は食事の悪いマナーの一例ですが、何かあてはまっているところがあれば、素敵な出会いを逃さないためにも、きちんと改善しましょう。


コメントを残す

*