グルメ

めんつゆ、出汁つゆは自家製がオススメ

昨日、素麺の話題をしましたが、ほとんどの方が素麺を食べるときにはめんつゆが必要です。

しかし、私はあの市販のめんつゆの塩分、調味料の多さが苦手です。まぁ、保存等の関係上しょうがないのでしょう。でも、材料の記載種類がものすごいことになっています。(=_=;)

なので、うちは自家製の出汁パックを作り置いておき、めんつゆやそれ以外のお味噌汁や鍋、だし汁料理に利用しています。

自家製出汁パックの作り方はいたって簡単。

まず、フードプロセッサーに昆布、鰹節、煮干しを入れて。。。

dashipack

ウィーーーーーーーン!

荒く粉状になったものを、お茶パックへ大さじ1入れて容器に並べて常温常備。

iriko

これでいつでも美味しいだし汁ができます。

前の晩に水につけておくだけの水出しだし汁も可能です。

 

うちではこの出汁パックで作っただし汁に自家製醤油麹、はちみつ、お酒を加えて軽く煮てめんつゆを作っています。市販のめんつゆよりも塩分も抑えられて美味しいですよ(^_^)


素麺はダイエットの味方なのか?

婚活カウンセリングで、最近、ダイエット&料理の話題になると

「素麺」

と言うワードが頻繁に出てくる。

・作るのが簡単

・カロリーが少なさそう

と言う理由なのだが。確かに作るのは簡単。

麺を茹でてそうめんつゆで食べるだけ。

しかし、市販のそうめんつゆや出汁つゆは塩分が結構高めなのです。

ダイエットのつもりでも、塩分の取りすぎ、体の冷やしすぎで逆にむくみの原因にもなりまねません。

そして、カロリーはと言うと、

そうめん、(2束)1人分
重さ:100g カロリー:356kcal

うーん、これにめんつゆや薬味、具のカロリーが加わると、決してダイエット食とは言い切れないですがこの暑い夏にはついつい食べたくなりますよね。

しかも、市販の素麺のほとんどには「油」が使われているのをご存知ですか?ダイエットを気にしている方は、材料に油を使用していない素麺を探してみるのもいいかもしれません。

 

ちなみに私は、

むか〜しから、素麺大好き(^_^)v

細い素麺の麺の食かんと喉越し、つゆとの絡み具合が大好きなのです。

なので、いろいろな素麺を取り寄せて食べています。

現在ハマっているのは。

いなにわ素麺(いなにわうどんの素麺ヴァージョン)と富山県の大門素麺

いなにわうどんはみなさんご存知の方がほとんどですが、実は素麺もあるのです。(ひやむぎもあります)でも、なかなか関東のスーパーでは見かけることはありません。油を使用しておらず、ヘルシーでコシがあって美味しいです。

いなにわ素麺

いなにわ素麺

そして、富山の大門素麺。こちらは、一般的な棒状ではなく、細く長い麺をまるまげ状に丸めてある全国的にも珍しい手延べそうめん。結構おっきめな一袋です。

大門素麺

大門素麺

割ってから茹でます。でないと、長〜い一本の麺が茹で上がり、食べるのに苦労します。

ookadosoumennaka

こちらも、とってもコシ&ツヤがあり、美味しいそうめんです。

コシのある美味しいそうめんを食べていると、安っいテロテロなそうめんが食べられなくなります(^^;)でも、それくらい違います。

 

うちの素麺の薬味の定番は、生姜、梅干し、シソ、ミョウガ、らっきょう(千切り)、ゴマです。シソとミョウガは冷凍してあります。他の薬味も保存が可能なものばかり。

そして、キュウリを主体としたアリモノで作る「山形のだし」。これはきゅうり、なす、みょうが、昆布をみじん切りにしたものなのですが、オクラ、らっきょうやキャベツ、生姜、人参等をありものアレンジしています。材料をみじん切りにして塩麹と混ぜるだけです。うちはフードプロでガーーーッと数秒で完成(^^;)素麺以外にも、ほかほかご飯や納豆、冷奴にかけても美味しいです。

yamagatanodashi

なので、いつでも素麺は準備OKです(^_^)

ダイエットに素麺を取り入れている方は、薬味に生姜などの体を温めるものを加えたり、めんつゆの塩分を摂りすぎないようにご注意すると良いかもしれません。