同發(本館):横浜中華街ワンコインランチ番外編/File.23 カレー

ゴールデンウィークが終わって、少しひと段落しているような人の数の中華街。

昨日に引き続き、横浜中華街のカレーをご紹介。

やってきたのは横浜中華街の大通りメインストリート

同發(本館)

大通りに、別館、新館とかあるけど、昔から入口角のガラスから、チャーシューが見えるお店。

このチャーシューも絶品で美味しいお店でランチでお得にチャーシューが食べれるのもお勧めですが今回は裏メニューのカレー。

本当に裏メニューです。

メニューには一切載っていません。

なのですが、店員さんに「カレーください」とふつうに注文するとカレーがきちんとでてきます。

同發(本館)がはじめての方でも観光の方でも、きちんとカレーが注文できます。

カレーを待つ間、お決まりの店内撮影。

きちんとしたグラスでお水が出てきます。温かいお絞りが大きくて分厚い。これらはポイント高いですね。さすがメインストリートの老舗。

やってきました、同發カレー

カレー&あっさりした中華スープのセットです。

今回はふつうのカレーを注文。

具は豚肉と玉ねぎ。玉ねぎは歯ごたえありでシャキシャキしてます。

中華街カレーのいいところは、どのお店のカレーも具の食べ応えがしっかりあるということ。

お洒落なセレブカレーのように、じっくり煮込んで具は全て解けているので、カレールーのうまみを堪能してください、というものとは全く別次元のカレーです。

懲りすぎず、具もきちんとあって、とろみ重視のお家カレーに近いのですが、中華の火力で中華鍋で仕上げているので、野菜のシャキシャキ感が楽しめるカレーも多いのが面白いところ。

とろみのしっかりしたカレーが多いですが、片栗粉でとろみをつけている店が多いので、とろみというよりもポッテリしたカレールーです。

そして、カレーのセットが中華スープというのも面白いところ。

カレーを少し食べてから、中華スープをスプーン1~2杯をカレーに混ぜて食べるのもお勧めです。

同發カレーは、豚肉の厚みや大きさもしっかりとあり、ご飯も多めで食べ応えあります。

スパイシーカレーのような辛味はありません。マイルドなカレーです。

しかし

この同發でおすすめのカレーは「パイコーカレー」です。

骨付きの豚肉揚げがのったカレーなのです。

ですが、本日はそのボリュームが食べれそうになかったので、ふつうのカレーレポでスミマセン。

中華街でガッツリお肉満載のカレーをご希望の方は、こちら同發本館でパイコーカレーがお勧めです。

 

ちなみに、今回の同發カレーは税込880円です。

 

〈Mikamama Star Evaluation〉
味    量    清潔感  スタッフ

 

同發(本館)

横浜市中区山下町148

Tel.045-681-7273

 

ミカママの横浜中華街ワンコインランチ一覧はコチラ

※メニュー、価格は訪れた時のものです。※番外編等、ワンコイン以外のお値段のものも掲載されています。※記事感想はあくまでも個人による感想です。


SNSでもご購読できます。




コメントを残す

*