婚活さん

動画「そこの婚活さん」スタート!

大好評の「そこの婚活さん」が

楽しく可愛い台詞やキャラクター満載の

YouTube動画になりました

COCOCOch(コココチャンネル)

そこの婚活さん動画

このチャンネルでは、そこの婚活さん以外にも、婚活お役立ち情報やハウツー、成功術、会話の苦手な方のための会話術、ポップアップトークレッスンなど、お役立ち情報もたくさん!

ぜひ、チャンネル登録してくださいね♪


理想は高くない、普通の人を求めているだけなのに婚活がうまくいかない?

最近、婚活相談で多い

「理想は高くないのに婚活がうまくいかない」

「普通の人でいいのに、なかなか出会えない」

というお悩みについてです。

 

ん???

 

と思う方もいるかもしれません。

理想が高くないなら、すぐにいい人に出会えるのでは?

しかし、理想が高くない=理想が低いわけではないのです。

「普通の人」という、自身の基準がガッチリしすぎていて、婚活がうまくいかないということもあります。

自身が「ふつう」と思っている基準も、積み木のように沢山積み重なると大きなタワーになってしまいます。

ひとつでも欠けていると、結婚対象外にしてしまうのは、出会いとチャンスの幅を狭めてしまいます。

 


彼女の好みどおりなのにどうして?

そこの婚活さん彼女のタイプ

好みのタイプを聞いて

「優しくて、いい人」

と答える人の半数以上は

純粋に、優しくていい人とは長くお付き合いしない、出来ないことが多いです。

 

実はこのタイプ、相手に対する要求や欲、キライと思える部分などを少しでも発見するととたんに嫌になってしまい

相手を好きになる可能性よりも、

自分に合わないと感じるバロメーターを無数値で持っていることが少なくありません。

 

「希望通りの、優しくていい人なのにどうして嫌なの?」

「ただの、優しくていい人だから。」

「え?それ、好みと違うの?」

「彼、私に合いません。」

要はそこなのです。

優しくていい人という一般的な言葉で、自分の好みや欲求を隠していることが多いのです。

「私に合わない」という言葉の中には、自分の要求もあり、受け身だけれども上から目できちんと相手を観察しています。

何かひとつささいな点でも嫌なところを感じてしまうと、すべてが嫌になってしまったり、その部分だけを引きずって思う厄介さを持っています。

相手のよい部分を快く評価できないのです。

そして、「嫌な部分がある=自分は妥協、我慢してあげてる」という考えがあるので、交際が長続きしません。

成婚する人のほとんどは、そこを、妥協や我慢とはそもそも感じていません。

むしろ「彼って、○○なんですよ~」なんていう感じに、笑い話や愛嬌と感じて受け入れています。

こういう気持ちが、素敵な出逢いを招いているのでしょう。


女性に慎重な彼は実はとてもセレブ

そこの婚活さん

見た目、普通の中年男性さんなのですが、自分の資産などをいくら隠そうとも、女性へのエスコートやお相手に失礼のないよう気遣いなどが身にしみついてしまっている彼は、いくらボロい軽自動車であっても、必ずスマートにドアを開ける。コミュニケーションやデート予約やレストラン選びなどもバッチリ。

お仕事も頑張っていらっしゃる社長さんなので、普通のサラリーマンよりも毎日忙しい。定休日はない。でも、忙しいそぶりも言葉もあまり見せない。

本当のセレブはこういうことなのかもしれない。

 

お金もなくて気遣いもないとモテナイわけだよね…


婚活目標がやる気と運を引き寄せる

 

ある程度の理想や婚活目標を定めないまま、闇雲に婚活をすることはお勧めしません。

なぜなら、

だらだら婚活は実りにくい