ちょっと贅沢!真珠の自家製カリカリ小梅の作り方

この季節、毎年、私は自家製漬物に忙しいです。
特に、ラッキョウや梅です。

今年は大きい南高梅ではなく、小粒青梅で自家製カリカリ小梅漬けを作りました。

まず、新鮮な小梅を手に入れること。

小梅はなるべく青く新鮮なものでないと上手くカリカリ梅にならないのです。

なので、購入した時に既に黄色く熟した小梅だったら、カリカリにするのは諦めましょう。

本当は収穫したその日に加工するのがベストなのですけどね、なかなかそういうわけにもいきませんよね。

ウチは、今年、予約注文して届いたものをその日に製作に取り掛かりました。

【自家製カリカリ小梅の作り方】

(材料)

・小梅 1kg

・塩 100g

・ホワイトリカー 50cc

・卵の殻 3個分(内側の薄皮を取って、オーブン200度で10分焼いて冷ましてガーゼにくるみタコ糸で縛り、砕いておく。2つに分ける)

 

(作り方)

1.小梅を洗ってたっぷりの水にさらし1時間。途中、1回、水を替える。アク抜き。

2.よく水を切り、爪楊枝でヘタを取る。果肉を傷つけないようにする。水の残りがないようにキッチンペーパーで拭きながら作業すると良い。

3.熱湯消毒orアルコール消毒した大き目の容器に小梅とホワイトリカーと塩を入れ、塩を絡めながら小梅にチカラをかける。こうして、しっかり梅の繊維を壊すことでカリカリになります。
4.ガーゼにくるんだ卵の殻を中間に入れる。

5.赤くしたい場合は、塩でアク抜きした赤シソを入れる。

6.1週間ほどで食べられるようになります。その後は、冷蔵庫保存がお勧め。

 

コチラは、赤シソ入りで、2kg。2日目の様子。梅酢がかなり上がってきたのがわかります。
梅酢よりも上がってくる梅があったら、重石をしましょう。

写真は明るいところで撮りたかったので、青空背景ですが、保存は冷暗所がよいです。

赤シソ入りの場合は、赤シソで覆う。

もしも、途中でふにゃふにゃ梅を発見したら、取り出して天日干しして、梅干にしたほうがよいです。
液体の中でどんどんふにゃふにゃが進んで、ドロドロになってしまいます。

小梅は天日干しがとっても簡単。

大きなザルか100円ショップのカゴに入れて2~3日ほど天日に干せばOKです。

(今回、30粒ほど、柔らか梅が出来てしまったので、それは天日干しにしました。)

 

でも、なぜ、カリカリになるかというと、卵の殻の成分。

要するに、カルシウムが入っていると、梅がカリカリになるからです。

実は、今回、ウチでは、卵の殻の変わりに、普段フェイスパウダーとして使用している

真珠パウダー

が、食べても安心なグレードなので、その真珠粉を使ってカリカリ小梅を作ってみました。

真珠入りカリカリ小梅だなんて、美肌っぽいでしょ♪

結果、上手く美味しい真珠エキス入りのカリカリ小梅が出来上がりました。

 

そして、何と言っても、梅エキスは体にいい!ガンに効く食べ物!

添加物や保存料無しの自家製梅漬けが作れるのも今の時期だけ。

今、店頭に並んでいて気になる!という会員さんがいらっしゃったので、アップしてみました。

自家製カリカリ小梅、美味しいですよ♪

 

ちなみに、

甘いカリカリ小梅にしたい場合は

・小梅  1kg

・塩 50g

・ホワイトリカー 1/3カップ

・砂糖 1カップ

・酢 180cc

・赤シソ (灰汁抜きしたもの150~200g)


SNSでもご購読できます。




コメント

コメントを残す

*