婚活にブルーアイシャドウはNG

ピンク系メイクは自分に合わないと思い込んでいる女性が意外と多い。

しかし、そんな方も、パンクロックのようなブラックの口紅やグレーのチークを買ったりはしないのだけど

なぜか、ブルーのアイシャドウに手をのばしてしまう。

恐らく、ラムちゃんや目元パッチリでホリの深い海外のモデルさんをイメージして、または、ブルーで陰を作りたいと願いながら、薄いアダムスファミーリーになっていることが多い。

ホリが深いとそこの影部分とブルーがマッチしやすいのですが、一重の人やホリの浅い人にはなかなか難しい。

唇はピンク、髪は茶系、皮膚の肌色。ピンクやオレンジ、ブラウンは顔全体の中に存在する色なのでバランスがとりやすいのです。

それと違い、ブルーやグリーン等の寒色系はカラーコンタクトをしていない限り、同系色が顔の中にありません。なので、使い方や使う範囲を間違えると、寒色系メイクは失敗しやすいのです。

そして、女性らしさをアピールする色ではないために、婚活メイクには不向きといえます。

 

自身の婚活メイクが心配な方は一度、プロにメイク(数千円~)をして自身に合ったメイクとコツを掴むことをおすすめいたします。

 


SNSでもご購読できます。




コメントを残す

*