デートコーデでベイサイドマリーナ

男性会員さんのカウンセリング&コーデのために行ってきました、GWの横浜ベイサイドマリーナ。

GWなので混雑してました(^^;)

でも、GWスペシャル価格なものも多く、たくさんのお洋服を購入した会員さん。洋服の購入は久々だとおっしゃっていました。

夏向けに、爽やかなネイビーにホワイト紐の皮靴。リーガルにて購入。

写真では少し長いですが、デートの時は是非、この靴には短いソックスがベスト。そして、ホワイトパンツが爽やか。

この日は他に、パンツ、シャツ、ポロシャツ、Tシャツをコーデでいくつか購入。

ホワイトパンツに合わせて、少し明るめなブルーのリネンシャツをTommy Hilfigerにて購入。

「初めて着る色だけど、結構いいかも。」と、満足していただけました。

春夏は特に、暗い色ではなく、爽やかで明るい色をデート服に持ってくるのが吉です。

自分の好きな色=自分に似合う色ではありません。

自分以外の人にコーデアドバイスをしてもらうのもデートを成功へ導く一つです。

 

GWのワッショイ混雑で少々疲れて二人してとっても腹ペコに…

買い物後、お寿司ご馳走さまでした(ToT)美味しかった〜。

食事をしながら、

「もっといい人がいるんじゃないかな?と毎回、思ってしまうんですよね。」

という会員さんのお悩み。

はい、このお悩みの方、多いですが、この考えは無限ループに陥ると、一生いい人には出会うことなく人生を終えることになります。

 

出会う⇨デートする⇨もっといい人がいるんじゃないかな?⇨交際終了⇨振り出しに戻る⇨…永遠に繰り返し

 

このループは無駄に年を取ってしまうだけです。

さらに危険なタイプは、デートや交際もしないまま、一度会っただけで毎回終わる進展なしタイプ。「この人は自分に合わない」はい、終了!と毎回瞬時に思う人。こちらはもっと危険です。この無限ループ回転が知らぬ間に高速化しています。

 

出会う⇨はい、終了⇨出会う⇨はい、終了⇨出会う⇨はい、終了⇨出会う⇨はい、終了⇨…永遠に繰り返し

 

自身が気づかぬうちに、このループに慣れすぎてしまうと、異性への興味や出会いの感動やフレッシュ感を忘れてしまいます。

お見合い等でお会いした人も何かの縁とか、この人は今緊張して言葉が上手く出ないみたいだから緊張していない時のお話を聞いてみたいなとか、お相手のいいところを探す、この時間を楽しんでもらう、お会いしてくれてありがとうというピュアな気持ちや思いやりもなく「あぁ、この人はタイプじゃないわ」と相手に瞬時に点数をつける人。これが身に染み付いて自然に行っていると厄介です。もしもお相手がこのタイプの心の中が見えてしまったら、それはもう、幻滅まちがいないでしょう。

出会った相手に「はい、終了」と思えば、少なからずともその雰囲気は相手へ伝わります。失礼です。でも、不思議なことに、このタイプの方は同じように相手からやる気のない雰囲気をかもしだされるとイラッとしてしまいます。

瞬時に人を品定めするような癖はなるべくしないことです。例えば、お見合いに来た方の雰囲気があまりタイプでなかったとしても、もしかしたら、話していくうちに楽しい会話になるかもしれません。逆にそんなときは、どんなお相手や雰囲気の中でも会話を楽しめるようになるレッスンだと思って雰囲気作りにトライしてみてください。

出会いは毎回新鮮であるということを心しておきましょう。

もっといい人がいるんじゃないかな?というタイプも同じです。

デートしている相手が「もっといい人がいるんじゃないかな?」と考えていたらいい気分はしません。

お見合いでもデートでも、相手の悪いところを探すことはあまりしてはいけません。良いところや可能性を探すor感じることによって、その人と共有しているその時間を楽しむようにしましょう。

知らず知らずのうちに、運命の人と気づかないで終わってしまわぬように。


コメント

コメントを残す

*