がんサバイバー的おすすめもの

天然成分の安心手作り日焼け止めを作りたい!

先日、スプレー式の日焼け止めを顔にシューっとし、2~3時間後、少々かいた汗で目に日焼け止め成分が入ってきて、眼球が激痛に!

日焼け止めって、体にすごく悪そうな気は、以前からしていました。

日焼け止めの成分で目に痛そうなものは、

・エタノール(アルコール)
・界面活性剤
・紫外線吸収剤(酸化チタン、酸化亜鉛)

ではないかな?と思うのですが、市販の日焼け止めには他にも色々な成分が入っているので、汗や涙の塩気と化学反応をおこしていることも考えられる。

そして、今、抗がん剤治療中の私として気になるものは「酸化チタン」

酸化チタン(別名:二酸化チタン)は、「発がん性」、「アルツハイマー」、「不妊」の原因としてて研究者の多くが危険性を指摘している物質です。食品の色を白くする目的で、日本でも食品添加物としても使用されています。

でも、フライパンの塗装などにも使われているもので、食品添加物なので肌に塗っても大丈夫となんとなく喜べない感じ。お肌がフライパン塗装と一緒って、

私はなんだか、イヤ(=_=)

そもそも、こんなに目にしみるものが、体にいい訳がないような気がする。

そういえば以前、雪山登山歩行中にやはり、目に日焼け止めが入って、激痛に。耐えられないくらい痛かった。でも、極寒の中。ピーク(山頂)付近で木陰もなく、急斜面。グローブを長時間外すことも危険だし、顔を洗う水もない(外気で直ぐに凍ってしまう)ので、仕方なく、雪に顔を突っ込んで手ぬぐいで拭いてしのいだ記憶がよみがえってきました。

また、以前、大自然の清流でラフティングをしに行ったとき、スタッフの方からの注意事項で、川が汚染されるので日焼け止めを塗らないでくださいと言われたことを思い出した。日焼け止めって自然環境にすら悪影響なのかぁ。と、感じたことを思い出しました。

 

今、抗がん剤治療中の私は、ただでさえ、色素沈着ということも心配なので、日焼け止めは毎日こまめに使用したい。

でも、白血球数も下がり、肌も敏感で弱い状態なので、なるべく、肌に優しく、天然成分だけの日焼け止めは出来ないものかと考えました。

私なりに色々と調べた結果、天然のオイルだけで手作り日焼け止めが出来るのでは?と真剣に思ったのは、天然オイルの種類によっては、SPFが数値化されていること。(以下は、私が本やWebで拾ったSPF値のおおよその目安です。)

  • ラズベリーシードオイル SPF25~50
  • キャロットシードオイル SPF34~40
  • オリーブオイル SPF2~8
  • ホホバオイル SPF4

中でも、ラズベリーシードオイルとキャロットシードオイルのSPF。酸化チタン同様に紫外線のA波、B波にも効果があるとか。これは、すごくうれしい。

しかし、いかんせん、天然モノ。この数値だけでもかなりのバラつき幅がある。もしかすると、収穫時期や保存方法等によってはもっと数値に幅があるかもしれない。これ、自分では計れないのでわからないのが現状。

う~ん、と考えた私の見解としては、天然オイル1種類のSPFを信じて日焼け止めとして利用することは危険!ということ。

なので、SPFの高めなオイルをブレンドして日焼け止めにしてみました。

メインはラズベリーシードオイルとキャロットシードオイル、そして、今、話題のウチワサボテンオイルの3種類です。

他のオイルはSPF度が低いことと、オリーブオイルなどは紫外線による酸化も心配なので、日中のお肌には合わないかもと思ったからです。

ウチワサボテンオイルのSPF数値は不明なのですが、暑い地域で育った植物は紫外線にさらされた過酷環境に強いイメージがあるのと、アルガンオイルよりもずっとビタミンEが豊富でお肌の調子を実感できている、今、私がハマっているオイルだからです(^_^)

酸化防止のために使用もされるビタミンEが豊富ということも私の注目したところ。

オイルの持ち歩きに私が現在、愛用しているのが、目薬タイプの容器。これだと、オイルがバッグの中でジワジワと漏れてしまう心配もありませんし、少量ずつ使いやすいです。マスキングテープでネーム書きしています。

そして、香りアクセントに数滴プラスしたのが月桃オイル。

これも、沖縄の暑い気候で育った植物であることと、お肌を整える効果でも知られている植物オイルということ。

また、月桃は虫除けにも効果があるということで、ボディの日焼け止めand虫除けにもなるのでは?ということからチョイス。

ラズベリーシードオイルとキャロットシードオイル、ウチワサボテンオイルの割合は均等くらいで、最後に2~3滴の月桃オイルを20mlの目薬容器に入れて手作り日焼け止め天然オイルとして使用しはじめました。

この手作り日焼け止めオイルを使い始めての感想は

・肌がふっくらすべすべになってきた

・目にしみない

・天然成分100%なので、すっぴんの肌にも安心して使える

・家での洗濯物干し、近所への買い物など、ちょっとした時の紫外線対策にも気兼ねなく使える

・全身に使えて石鹸で落ちる、メイク落とし不要

・天然成分で安心な日焼け止めとしてはコスパがいい

・肌乾燥しない

 

しかし、実際のところ、この手作り日焼け止めオイルがどれほどのSPF値なのかは定かではありませんが、オイルなので肌の上でののび、使い心地もよく、使用し始めてから肌のキメが整い、肌が白くなってきたようにも感じます。

抗がん剤治療中で肌の色素沈着も心配していた私ですが、今、毎日、この手作り日焼け止めオイルを問題なく使用しています。

私は絶対焼かないSPF安全値よりも、肌に安心な天然成分100%を選びました。

私は日中、この上に、真珠パウダーを軽くブラシでつけてファンデーション代わりにして外出しています。

真珠の粉はその独特な輝き成分に光を乱反射して紫外線を防ぐともいわれているので、バッグの中にも携帯しています。

真珠パウダー自体は真っ白ですがアミノ酸やカルシウムが成分ですので、つけた後しばらくすると肌になじんでくるので粉っぽい白浮きはありません。

パール成分でお肌も整いますし、光の乱反射のおかげでお肌をキレイに見せてくれます。

普段私は、カウンセリング時に「ノーファンデなんだぁ」というと、ビックリされることがあります。真珠パウダーは天然成分でとても優秀さを感じる私の長年の愛用品です。購入の時は、漂白の可能性のない日本製のものがお勧めです。

でも、チークやアイカラーの発色やモチは手作りで今だ満足のいくものを作ることができていないので、シャネルやジバンシィ等の市販のものを利用しています。発色よく見せたいのに、わざわざくすんだ色を使っては残念ですからね。

 

これらは私個人の感想で、天然素材で手作りゆえにSPF値や酸化度合いについては不明です。日焼け止めとしての性能にも個人差があると思われます。ご了承ください。


便利でハマっている、ロイヒつぼ膏

ここ1週間、毎朝、首が痛い。毎朝、寝違えている。

恐らく、私は現在、手術の傷の痛みと左腕のしびれのせいで寝返りがうまく出来ていないと思う。多分、そのせい。

首の寝違えはどうしたらよいものか。

ネットで色々と調べたら、首が炎症を起こしていて痛いので、温めてはいけないのだそうです。

なので、冷やす。

あまりに痛いときは保冷パックを首に当てて痛みを和らげているものの、外出先ではどうしたものか。

ドラッグストアで小ぶりでよさそうなもの見つけました。

ロイヒつぼ膏のクール。

これをプチプチと首の痛い箇所に貼っています。

かばんに入れておいて、外出先でもササッと貼れます。

直径2.8cmのこのスースーするシールが結構コリに効きます。

わざわざ服を脱がなくても、首や肩ぐらいなら、ぺペッと簡単に貼れるのでとっても便利。

最近、なぜかこのロイヒつぼにはまっている私としては、肌色以外に☆やお洒落な英語文字なんかがプリントされたものやハート型、ローズの香りタイプのロイヒつぼ膏でも発売しないかしら?なんて思ってしまう。プチシップとして若い人にもウケそうなきがするんだけどなぁ。

ちなみに、こっちのタイプは温感。

今の私は首には貼ってはダメ。

通っている病院内に、タリーズコーヒーがあるのでカプチーノ飲みながらロイヒつぼ。

こう、並んでいると、なんとなくお洒落に見えてしまう(笑)

それにしても、毎回、病院って人多いなぁ。

 


手作り米ぬか化粧水を作ったら、ものすごくよかった!

ココ何年も、毎日手作り化粧水を愛用しているのですが

たまにレシピを変えてはいろいろな化粧水を作って試しています。

が、ここ最近の中ではピカイチと言っていいほどいい感じの化粧水ができたので手作り化粧水レシピを公開したいと思います。

 

「手作り米ぬか化粧水」レシピ

米ぬか

<材料>

・米ぬか 大さじ2と1/2

・酒粕(ペーストタイプ) 大さじ1

・ミネラルウォーターor精製水 200ml

・グリセリン 小さじ1/2

 

材料はたったこれだけ!

<作り方>

1.水、米ぬか、酒粕を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら弱火で3分。

2.熱いうちにコーヒーフィルタードリップか厚手のキッチンペーパーで濾します。

3.冷めたらグリセリンを加えて出来上がり。

 

化粧水空き瓶や容器に入れて2週間~1ヶ月ほどで使い切る感じで。

保存はなるべく冷蔵庫がオススメです。

(※米ぬかが合わない方、お肌に異常が出た場合は使用をやめてください。)

 

「米ぬか」にはビタミンEが多く、更に紫外線からのメラニン色素の増殖を抑えるガンマオリザノールという米ぬか特有の成分も含まれています。又、水分量を保つ働きもあるので、乾燥にも良いとのこと。

米ぬかを布袋に入れてお風呂で体を洗うと全身しっとりすべすべになります(^^)

 

そして、私の最近のおすすめ美容食材「酒粕」

実は日本酒以上に美肌にいいと言われていて、美白成分として有名なアルブチンや、抗酸化力の高いフェルラ酸などの天然成分を含んでいます。酒粕の酵母には、保湿成分も含まれているので潤い効果あり、含まれるコウジ酸が老化の原因である糖化を防ぎ、若々しい肌を保つ効果が期待できます。

アンチエイジング、美肌の強い味方!

 

ふと、米ぬかと酒粕で化粧水作ったらどうだろう?と思い作ってみたら、予想以上に良かったです!!

お風呂上りにコットンパックしてみたら、ワントーン明るくなった感じです。すごい!お肌に安心だし、本気でいい感じです!やはり、自然の力はすごいです。

ですが、香りは米ぬかなので、苦手な人はダメでしょう。私はぬか漬けも好きなので、この香りは結構癒されます。

それと、コスパは安くて良いのですが、何ヶ月もの日持ちはあまり期待できないためご注意を。(臭いがきつくなる)

私は常時、冷蔵庫の扉に入れてあります。

使うときにひんやりして気持ちいのと常温よりも長持ちします。

もうそろそろ新しいの作ろうかな?という時は、残っている米ぬか化粧水をバスタブにドバッと入れて消費しています。

 

ちなみに、私はこの箱入り酒粕(ペースト状)がお気に入り。

最高級 生酛純米大吟醸 酒粕 大七

酒粕

味もめちゃめちゃ美味しいんです。毎日のお味噌汁やお肉の下ごしらえに愛用しています。

 

ペースト状の酒粕。いつも冷蔵庫に常備してあります(^_^)

が、こちらの大七酒粕ペーストはなかなか店頭で見かけません(^^;)

以前、パウチ入りのお手頃価格酒粕ペーストをカルディで購入したことがあります。それでもOKです。